高速道路の乗り降り口にみかけるETCを相当数の車が利用しています。料金の支払いが簡単に出来る利便性が受けているのはもちろんの事、ETC車載器を装着した車だけの割引が最大の魅力ではないでしょうか。このようにもはや高速道路を走行するには必需品となったETCですが、その本体自体の形状や取り付け場所に様々な種類があるのをご存知でしょうか。まず本体形状ですがETCカードの挿入口とアンテナが一体型になっているタイプ。このタイプはダッシュボードの上等、ETCの電波を送受信する必要があるので周りから見える所に設置しなければなりません。但し、余計なパーツが必要ないので価格は安めに設定されています。もう一つのタイプがアンテナ分離型タイプです。これは送受信のアンテナとETCカード挿入口が別れておりアンテナだけをダッシュボード上に設置しカード挿入口は見えない所に設置する事が出来ます。ETCカードはクレジットカードと兼用している物もあればETCしか使えない専用の物もあります。しかし、共通して言える事はどちらも第三者に渡れば悪用される可能性があります。そこでカード挿入口を見えない所に設置する方が増えています。特にグローブボックス内に設置をする事により車外から全く見えなくさせることも可能なのです。このようなメリットもありアンテナ分離型タイプはスマートに設置する事が出来るのです。