ETCは各種割引などが充実しており、また高速道路の出口でいちいち金銭授受の必要がなく、大変便利な装置です。そのため最近では、新車購入時にETCをディーラーオプションなどで装着する方が増えていますが、数年前に購入された車などではまだまだETCが装着されていない車も多く、後付けでETCを装着する方もチラホラと見かけます。
ETCは、アンテナ分離型とアンテナ一体型の二種類があります。どちらを選ぶかは購入する側が自由に選ぶことができます。
分離型はETC本体とアンテナがケーブルでつながれていて、別々になっているため、アンテナをダッシュボードの上に出しておけば、本体はダッシュボードの下側やグローブボックス内など外から見えない場所に設置することが可能です。その代り本体代金が一体型より高いことと、取り付けにあちこちケーブルを這わすために工賃が高めになります。
それに対して一体型は本体にアンテナが内蔵されていますので、構造が別体型よりも簡便なため本体価格が安いのが一般的で、おまけに本体をダッシュボードの上に設置して電源ケーブルをつなぐだけで使用可能ですので、取付工賃が安く場合によっては登録済みのものを自分で取り付けることも可能ですので、工賃がかからずとてもコストパフォーマンスが高いと言えます。
ただし、ダッシュボード上にETC本体が露出しますので、見た目は少し野暮ったくなります。