高速道路などの料金を自動的に精算することができるETCは料金所で支払いを行う必要がないためとても便利なツールです。
ETCは高速道路の料金割引などもあってかなり普及してきました。
ETCを利用するにはカードの申し込みが必要なのと、それを読み取るETC車載器が必要となります。
この装置は大きく2種類あります。
ひとつはアンテナと本体が別々になっているものです。
これはアンテナをダッシュボード上に設置して本体は別の場所に設置するなどアンテナにあるコードの長さの範囲で任意の場所に取り付けることができます。
しかしこれにはダッシュボード上のパネルを外したり取り付け作業が面倒でもあります。
もうひとつがアンテナ一体型です。これは本体にアンテナが組み込まれているもので、そのままダッシュボード上に取り付けてしまえばすぐに利用することができます。
この装置のメリットは取り付けが簡単であるということ以外にカードの抜き差しを容易に行うことができるのです。
また基本的にカードは車内に置いておかないようにするほうが防犯という面からも必要です。アンテナ一体型ならカードが入っていないということがすぐにわかるので防犯性が高くなります。