ETCは高速道路など料金を自動的に精算するシステムでかなり普及してきています。
これはとても便利で割引などの特典もあり普及してきました。
このETCを車に取り付ける場合、大きく2種類のタイプがあります。
ETC車載器のひとつはアンテナ分離型ともうひとつはアンテナ一体型です。
それぞれ機能的には変わりありませんが、設置する場所が変わってきます。
アンテナ分離型はアンテナだけを見えるところに設置して、本体は配線の届くところで任意のところに設置することができます。
ただこの場合は配線をする必要があり、パネルなどを取り外して配線をして取り付けます。
アンテナ一体型は本体とアンテナが一体となっているので設置場所はダッシュボードの上となります。
この場合は取り付けはとても簡単です。本体をしっかりとそこに取り付ければもう完了です。
また見える位置にあるのでカードの抜き差しなど操作がとてもしやすいというメリットもあります。
ここで注意しなければならないのは基本的に車に乗っていないときはカードを抜いておくということです。
カードを抜いておけば見えるため、逆に防犯性が高くなるのです。
アンテナ分離型だと見えない位置に設置していることもあり、カードを挿したままにすることがありあまりよくありません。