現在では自動車で高速道路を利用するような場面では、ETCのシステムを利用する方が増えています。かつては料金所などで毎回料金を支払うことを必要としていたものですが、ETCによって自動的に引き落としがされるようになるために、便利に活用できるものとして認知されています。そんな中、自動車に新規にETCを設置する場面では、一定のルールというものが用意されているために、プロに施工を依頼することがおすすめになります。ルールの中には電源の取り込み方に関することがあり、一般的にはオーディオ関連の配線から電源を分岐させることが行われています。簡単に改造できてしまうような配線方法では規約違反になってしまうために、この点に関しては注意が必要とされています。アンテナ分離型のタイプの場合では、比較的簡単に取り付けを行うことができ、アンテナ部分に関してはダッシュボードやルームミラーなどに取り付けることが一般的になります。カードを挿入する本体については、決まり事などは基本的に無い部分とされており、例えばコンソールボックス内などに収納することも可能とされています。また、取り付け後に関しては、セットアップを行うことも必要になり、プロに依頼することによって、スムーズに施工することができます。